home > リスク管理 > ガバナンス

リスク管理ガバナンス

ガバナンス

  • JSCCの清算業務は、証券取引等清算業務、CDS清算業務、金利スワップ取引清算業務、国債店頭取引清算業務の4つの清算部門において行われています。各清算部門は、それぞれ種類株式を発行して固有の資本を有し、株主総会及びそれぞれの種類株主総会の決議によって会社の基本的な意思決定が行われています。
  • また、JSCCの事業活動のすべてを監督し、株主に対して説明する責任を負う取締役会には、各清算部門の意見を代表する取締役が選任されています。加えて、定款には、適切なガバナンスを構築するため、各清算部門の諮問委員会の意見を尊重する旨の規定が設けられています。
  • JSCCが設置する諮問委員会の名称及び役割は、次のとおりです。

<措置評価委員会>

  • JSCCが各業務方法書に基づいて清算参加者に対して必要な措置をとる権限を行使する場合には、措置評価委員会に諮問を行います。措置評価委員会は、関連法、会計基準及び市場について十分な知識・経験を有し、JSCC及びいずれかの清算参加者からも独立している複数名の委員によって構成されています。

<ユーザー・コミッティ>

  • 証券取引等清算業務に関する清算参加者からのニーズを把握するとともに、清算参加者サイドに立った実務的な観点からの意見をJSCCの制度運営に反映させるためのもので、取締役会から諮問を受けた制度運営に関する事項を審議します。委員は、各社の業態や規模等の分布に留意しつつ、代表取締役社長が清算参加者に委嘱します。

<証券取引等リスク管理委員会>

  • 証券取引等清算業務に係る清算参加者制度、証拠金制度及び破綻処理制度等のリスク管理制度に関して取締役会から諮問を受けた事項を審議します。委員は、代表取締役社長が、清算参加者の役職員、機関投資家等の役職員又は諮問事項に関して優れた識見を有する者に委嘱します。

<CDSリスク管理委員会/金利スワップ運営委員会/国債店頭取引運営委員会>

  • 業務方法書等の変更の適否について、取締役会より諮問を受けて審議します。委員は、清算参加者及び株主から選任されます。

<JSCC決定委員会>

  • CDS清算業務において、クレジットイベントの発生の決定に関する事項や承継者及び承継日の決定に関する事項等を決定します。委員は、清算参加者から選任されます。

<CDS破綻管理委員会/金利スワップ破綻管理委員会/国債店頭取引破綻管理委員会>

  • 清算参加者の破綻等を認定した場合における損失回避のための措置及び破綻処理入札の実施等の事項に関して助言します。委員は、清算参加者から選任されます。

<組織図>